【2017年2月5日】「オードリーのオールナイトニッポン」のこと~ヒューストンからお送り

2017年2月5日の「オードリーのオールナイトニッポン」のことを書きます。

オープニングの最初の方で、スーパーボウルロケのため会場のヒューストンからお送りしてます、と言ってましたが…

エンディングで、ヒューストンにロケに行ってきますと言ってました。

1.インフルエンザになったわけ

オープニングでなかなかインフルエンザに触れなかった若林ですが、春日に促されて、インフルエンザにかかるまでのことを話していました。

若林は日ごろ、うがい、手洗いを欠かさないそうですが、かかった日かその前日だけぬかってしまったそうです。

その日はテレビの仕事ですべってしまい、このままじゃ眠れない、と言うことでバーに飲みに行き、帰宅してうがい、手洗いを失念して寝たそうです。


2.ヒューストン・テキサンズ

若林が、日本テレビの「住住(すむすむ)」のセットのことを話していました。



この記事の中に

「若林の部屋には大ファンのNFLチーム、ヒューストン・テキサンズのレアグッズを並べるなど、小道具に至るまでリアルを追求した。」

とあります。

若林も、よく日本でこんなにテキサンズのグッズをそろえられたものだ、と驚いたそうです。

このグッズを買いにスタッフが店に行ったところ

「若林さんのお知合いですか?」

と店員さんに言われたそうです。

なんでも、日本と言うか関東で、ヒューストン・テキサンズのファンと言ったら、若林さんぐらいしかいないからなぁ、と店員さんは思ったからだそうです。

若林もこの話を聞いて納得していました。

人気のあるチームでもないし、特に強いチームでもないし、と。

たしかにヒューストン・テキサンズは、2002年にできたNFLで一番新しい球団です。

でも今シーズンも含め地区優勝4回していますし…

そんなに弱いチームではないと思います。

昨シーズンまで海東 奈月(かいとう なつき)さんと言う日本人のチアもいましたし、若林が「オードリーのNFL倶楽部」でもう何年も応援していますから、新興球団と言うイメージは感じないです。

こちらにテキサンズのファンで、まさてるさん、と言う方が書いているブログもあります。

「Bulls on Parade - Houston Texans -」へのリンク

若林が好きなJ.J.ワットと言う選手はディフェンスの選手で春日と同じポジションです。

今シーズンはシーズンの早い時期に負傷して、最後まで復帰できませんでしたが、リーグを代表する選手です。

ハイライト動画はこちら


3.サンシャイン池崎とサンシャイン斎藤

話はオープニングに戻りますが、若林が休んだ時、

「全然関係ない人と番組をやってほしいなぁ

サンシャイン池崎さんとか」(若林)

と言っていました。

で思い出したんですが…

昨年の大みそかの「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」で、俳優の斎藤工がサンシャイン池崎のマネをして

サンシャイン斎藤

をやっていたのには衝撃を受けました。

お笑い好きで、売れてない頃に永野を自分の映画に出したりしてたのは知ってましたが、こんなことまでやるのか、と驚きました。

後日インタビューで

「笑ってはいけない」シリーズはレスペクトしているので、中途半端な出演では失礼になる

と考え、ああいうことをやったそうです。

2017年!!!! 今年もよろしくお願いします!!!!

サンシャイン池崎さん(@ikezaki_yeah)が投稿した写真 -




4.ヒューストンでのオードリー

現在オードリーの2人はヒューストンにいます。

いくつか写真などを貼っておきます。









春日がニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディのジャージを着ていますが…

このことがNFLファンの間で波紋を呼んでいるみたいです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

関連記事
スポンサーサイト

コメント

できるだけ書きたいと思います
コメントありがとうございます。
なかなか聴く時間、書く時間が確保できないので、書けてもこの程度ですが、できるだけ続けていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
No title
オードリーのANNのこと、また書いてくれるようになったのですね。嬉しいです。

管理者のみに表示

トラックバック