【朗報?】トム・ブレイディと第51回スーパーボウルが映画化・書籍化されるとのウワサ〜とばっちりを受けた選手は…


「オードリーのNFL倶楽部」で、若林さんが先月のNFCディビジョナルプレイオフ、ダラス・カウボーイズとグリーンベイ・パッカーズの激戦について

「この試合のことは映画になるよ〜」

と言っていました。

たぶん本気で映画化されるだろう、と考えたわけではなく、この試合はそれほどすごかった、と言うことをアピールしたかったのだと思います。

しかし今日の午前中にアメリカて流れた

「トム・ブレイディと第51回スーパーボウルの逆転劇が映画や本になる」

と言うニュースは、大手メディアも報道しました。

Hollywood reportedly turning Tom Brady's Super Bowl LI comeback into a movie http://www.cbssports.com/nfl/news/hollywood-reportedly-turning-tom-bradys-super-bowl-li-comeback-into-a-movie/

Report: Life of Brady to be focus of book, movie http://www.espn.com/nfl/story/_/id/18694483

最初にこのことを取り上げたのはDeadline.comと言う映画やエンターテイメントを封じるサイトのこの記事のようで、上の2つのニュースも、ソースとしてとりあげています

Tom Brady Book & Movie Coming From ‘The Finest Hours’ Writing Team http://deadline.com/2017/02/tom-brady-new-england-patriots-book-movie-the-finest-hours-writing-creative-team-1201912990/ @deadlineさんから

制作や執筆には、2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件に関する映画

「パトリオット・デイ(Patriots Day)」

(日本では今年6月に公開予定)

の脚本を書いたポール・タマジーとエリック・ジョンソン、そしてその原作本「ボストン・ストロング(Boston Strong)」を書いたケイシー・シャーマンとデイブ・ウェッジら4人が関わるようです。

タマジーとジョンソンは、2010年にアカデミー賞脚本賞にノミネートされた「ザ・ファイター」の脚本も書いたそうです。

「ザ・ファイター」はボクシングに関する実話の映画化だそうです。

スポーツの実話を書いてもらうには、適当な人材なのかもしれません。

そして、トム・ブレイディを演じる俳優として

マット・デイモン

の名前が挙がっているようです。


第51回スーパーボウルの大逆転劇の舞台裏が書かれるそうです。

逆転劇については、私は技術的なことより、精神的なことが知りたいです。

試合もそろそろ終盤と言う3Q半ばで25点差と言う絶望的なリードを許しながらも、なぜ逆転を信じてあきらめなかったのか?

誰がどう動いて、チームの緊張の糸をつなぎ続けたのか…

そう言うところが見たいです。

きっと何かを考えさせられ、何かを得ることになると思いますから。

ストーリーの中には、「デフレゲート事件」のことも織り込まれるようです。


ところでブレイディのチームメイトのCBマルコム・バトラーのことも

「ザ・セカンダリー(The Secondary)」

と言う名の映画になることも、今日ニュースで流れました。

「セカンダリー」とはバトラーのポジションを含むDBの別名ですが、「2番手の」とか「控えの」と言う意味もあったと思います。

ファーストフードの店員から、2つのスーパーボウルリングを持つまでになったバトラーのシンデレラストーリーとして、大変興味深いです。

しかしCBSは、

「バトラーの映画はブレイディの映画のかげに隠れてしまいそうだ」

と報じています。


残念なことに、この手の映画は、話が持ち上がっては消えていくものが多いようです。

何年か前には、ビンス・ロンバルディやジョニー・ユナイタスのことが映画化される、とか言うニュースを見た記憶があります。

しかしいまだ続報を聞きません。

今回の2つの映画も、公式発表はまだだそうです。

まあ、できればいいな、ぐらいの気持ちで、激しく待望します


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック