【歴史】サンジェルマン伯爵のこと~アフラックの加藤諒の「不老不死の男」のCMで思い出した謎の人物


実は2月の中頃から放送されていたそうですが、3月の末頃に、初めて加藤諒さんと、野村周平さんのAFLACのCM

「不老不死の男、登場篇」

を見ました。

動画はこちら



関連ニュースはこちら

「野村周平、加藤諒の”福毛”発見で意気投合! アフラック新CMで初共演」へのリンク

過去の歴史的事件としてあげられるのが、ペリーの来航と関ヶ原の合戦。

なぜこの二つが選ばれたのか?

他にもどんな候補があがったのか気になります。

遮光器土偶のモデルになったというのは納得ですが、あれはたしか宇宙人をモデルにしたものだったと言う説もあるようです。


ところでこのCMで思い出したのが、近代ヨーロッパのフランス革命のあたりですがを、その頃の宮廷を騒がせた

サンジェルマン伯爵

です。

古くはシバの女王やバビロンの宮殿の時代の話しをし、不老不死と言われていたそうです。

その年齢は、二千歳とも四千歳とも言われていたそうです。

かなり前の話ですが、阿刀田高の小説に「サンジェルマン伯爵考」と言うのがあって、たしか現代の日本で、父親がサンジェルマン伯爵とあった男の話しだったと思います。

もちろんフィクションだと思いますが。

サンジェルマン伯爵が不老不死だったのは、錬金術を極めていて、それによって不老不死の丸薬を作ることに成功したからではないか、と言う話しもあったよう記憶します。


今回はCMで思い出しましたが、サンジェルマン宮殿のことを聞いたり、パン屋のサンジェルマンを見るたびに、サンジェルマン伯爵を思い出したりします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック