【NFLドラフト】ここ50年間のドラフト全体1位ランキング

NFLは明日ドラフトを迎えます。

オフシーズンが長いNFLのファンにとっては、オフの数少ないビッグイベントの一つと言えるでしょう。

ところで、こんな記事がありました。



NFL.com「Ranking the 50 No. 1 overall picks of the common-draft era」へのリンク

昨年のドラフトまでのここ50回のドラフトで、全体1位で指名された選手のランキングです。

50位の選手は、まだ評価できないということで最下位とされていますが、とりあえず書き出します。


50位 ジャレッド・ゴフ:QB
2016年ロサンゼルス・ラムズ

49位ジャマーカス・ラッセル:QB
2007年オークランド・レイダース

48位スティーブ・エントマン:DE
1992年インディアナポリス・コルツ

47位コートニー・ブラウン:DE
2000年クリーブランド・ブラウンズ

46位キジャナ・カーター:RB
1995年シンシナティ・ベンガルズ

45位ケネス・シムズ:DE
1982年ニューイングランド・ペイトリオッツ

44位ティム・カウチ:QB
1999年クリーブランド・ブラウンズ

43位オーンドリー・ブルース:OLB
1988年アトランタ・ファルコンズ

42位エリック・フィッシャー:OT
2013年カンザスシティ・チーフス

41位ウォルト・パツルスキ:DE
1972年バッファロー・ビルズ

40位トム・カズノー:LB
1979年バッファロー・ビルズ

39位ジャデベオン・クラウニー:DE
2014年ヒューストン・テキサンズ

38位ジョン・マツーザックDE
1973年ヒューストン・オイラーズ

37位ダン・ウィルキンソン:DT
1994年シンシナティ・ベンガルズ

36位デビッド・カー:QB
2002年ヒューストン・テキサンズ

35位ジェイミス・ウィンストン:QB
2015年タンパベイ・バッカニアーズ

34位ジェフ・ジョージ:QB
1990年インディアナポリス・コルツ

33位サム・ブラッドフォード
2010年セントルイス・ラムズ

32位リッキー・ベル:RB
1977年タンパベイ・バッカニアーズ

31位ジェイク・ロング:DT
2008年マイアミ・ドルフィンズ

30位ラッセル・メリーランド:DT
1991年ダラス・カウボーイズ

29位ボー・ジャクソン:RB
1986年タンパベイ・バッカニアーズ

28位キーション・ジョンソン:WR
1996年ニューヨーク・ジェッツ

27位マイケル・ビック
2001年アトランタ・ファルコンズ

26位アンドリュー・ラック:QB
2012年インディアナポリス・コルツ

25位アレックス・スミス:QB
2005年サンフランシスコ・49ナーズ

24位マリオ・ウィリアムス:DE
2006年ヒューストン・テキサンズ

23位キャム・ニュートン:QB
2011年カロライナ・パンサーズ

22位ビニー・テスタバーディー:QB
1987年タンパベイ・バッカニアーズ

21位アービン・フライヤーWR
1984年ニューイングランド・ペイトリオッツ

20位ジョージ・ロジャース
1981年ニューオリンズ・セインツ

19位カーソン・パーマー:QB
2003年シンシナティ・ベンガルズ

18位ジム・プランケット:QB
1971年ニューイングランド・ペイトリオッツ

17位バッバ・スミス:DL
1967年ボルチモア・コルツ

16位スティーブ・バトコウスキ:QB
1975年アトランタ・ファルコンズ

15位マシュー・スタフォード:QB
2009年デトロイト・ライオンズ

14位ドリュー・ブレッドソー:QB
1993年ニューイングランド・ペイトリオッツ

13位ビリー・シムズ:RB
1980年デトロイト・ライオンズ

12位イーライ・マニング
2004年サンディエゴ・チャージャーズ

11位エド”トゥー トール”ジョーンズ:DE
1974年ダラス・カウボーイズ

10位オーランド・ペース:OT
1997年セントルイス・ラムズ

9位リ・ロイ・セルモン:DL
1976年タンパベイ・バッカニアーズ

8位ロン・ヤリー:OT
1968年ミネソタ・バイキングス

7位アール・キャンベル:RB
1978ヒューストン・オイラーズ

6位O.J.シンプソン:RB
1969年バッファロー・ビルズ

5位トロイ・エイクマン:QB
1989年ダラス・カウボーイズ.

4位テリー・ブラッドショー:QB
1970年ピッツバーグ・スティーラーズ

3位ジョン・エルウェイ:QB
1983年ボルチモア・コルツ

2位ブルース・スミス:DE
1985年バッファロー・ビルズ

1位ペイトン・マニング:QB
1998インディアナポリス・コルツ


正直なところ、ランキングには「そうかなぁ~」と疑問に思うところが多いです。

そして、ドラフト全体1位氏名権を持っているチームって、かたまっているな、と感じました。

私が応援しているグリーンベイ・パッカーズは1959年に全体1位指名したのを最後に、そういう例はないので、このリストには載っていません。

また、イーライ・マニングやジョン・エルウェイについては、氏名直後に本人または本人サイドの希望でトレードされましたので、そう言えばイメージと違うチームで指名されていたんだったな、とあらためて思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック