「ホノルル空港」が「ダニエル・K・イノウエ空港」に改名されたのが喜べない理由~今日再放送の「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」を見てほしい

先月末、ハワイの「ホノルル国際空港」

「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K.Inouye International Airport)」

に改名されたそうです。

これはハワイ出身で長年にわたって上院議員を務めた、日系アメリカ人故ダニエル・イノウエ氏にちなんだものだそうです。

イノウエ氏は、ホノルル空港の発展に大きく寄与されたそうです。



空港の公式サイトも以下のように改名されています。

「Daniel K. Inouye International Airport」へのリンク

ただし、空港のアルファベット3文字表記(IATAコード)である「HNL」は変更ないそうです。


このニュースを目にして思ったのは

「はたしてイノウエさんは、自分の名前が空港につくことを喜んでいるんだろうか?」

と言うことでした。


Wikipediaの「ダニエル・イノウエ」のサイトには、イノウエ氏の数々の功績が記載されています。

具体的なことを書くと長くなります…

大統領継承順位第3位の上院仮議長を務め、アメリカだけではなく日本の最高の勲章の勲一等旭日大綬章、フランスの再興の勲章のレジオンドヌール勲章を受勲しています。

それほどの功績があった人です。


しかし本当は政治家ではなく、医学の道に進みたかったそうです。

しかし17歳の時太平洋戦争が起き、アメリカ人としての忠誠心を示すためにアメリカ軍に志願し、日系人部隊「442部隊(正式には「第442連隊戦闘団」)に配属されたそうです。

ドイツとの闘いで右腕を負傷し切断…

「多くの部隊員とともに数々の勲章を授与され帰国し、日系アメリカ人社会だけでなくアメリカ陸軍から英雄としてたたえられる」(Wikipediaより)ことになったそうですが、医学の道はあきらめざるを得なくなったそうです。


「442部隊」は、ほぼ日系アメリカ人で編成された部隊です。

ヨーロッパ戦線に投入され

「アメリカ合衆国史上もっとも多くの勲章を受けた部隊」

となりましたが

「のべ死傷率314%」

と言う過酷な状況でした。


太平洋戦争で多くの日系人は、「敵性国民」として収容所に入れられました。

日系人で戦争に行ける者は、アメリカ合衆国への忠誠心を示すため、また政府の思惑もあって、アメリカ軍に志願しました。

そして編成されたのが「442部隊」です。

部隊の日系人はアメリカへの忠誠をさらに示すために、多大な犠牲を出しながらも、多くの戦果をあげました。

家族や日系人コミュニティを守るためには、勇敢にならざるを得なかったのだと思います。

その戦火の中で最も大きく、最も悲惨だったのが、「失われた大隊」と呼ばれたテキサス大隊の救出作戦だったようです。


そのことを詳しく伝えた番組

BS1スペシャル「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」

が、今日5月5日(金)の正午からBS1で再放送されます。

私は最初の放送を見ました。

予想通りの悲しい話しでした。

しかし歴史の大きな出来事として、多くの日本人に見てほしい番組です。

ちょっとだけ内容を書いておきますと…

ある元兵士が涙を流しながら、こう心の中からしぼり出すように言った言葉がありました。

「誰にも「英雄」だなんて呼ばれたくない…

そんな呼び名は嫌いだ…」

多くの同胞から「英雄」と呼ばれるのは、まことに名誉なことだと思います。

一般的には…

しかし442部隊の兵士たちは、本当は地味ながらも、ささやかな幸せを感じながら生きていたかったはずだと思います。

それほど「442部隊」は理不尽な運命をたどらされた部隊だと、あらためて思わせてくれる番組でした。

私は、

「442部隊」のことを忘れてはならない、

と思います。

それは「武勇伝」ではなく「悲劇」として。


「イノウエさんは、自分の名前が空港につくことを喜んでいるんだろうか?」

そう思ったのは、そう言う背景があるからなのです。

ハワイを訪れる日本人の方々には、なぜこの空港が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」と呼ばれるのか?

そしてイノウエ氏がいた「442部隊」のことを知ってほしいです。


なお、BS1スペシャル「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」は、祖父に元442部隊兵士を持つ、俳優の呂敏(ろびん)さんがナビゲーターとして出演しています。

こちらの二つツイートのリンク先に、そのロケの事が書いてあります。

番組を見た後でも構わないので、一読をお勧めします。





ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック