【NFL】今後やぶられないであろう10の記録

こう言う動画がありましたので、内容を書き出して、コメントを書いておきます。

NFL YouTube公式アカウント「Top 10 Unbreakable Records | Total Access | NFL」へのリンク


10位 ラダニアン・トムリンソンのシーズン31TD(2006年)

この記録、私はてっきりプリースト・ホームズ(元カンザスシティ・チーフス)が持っているものと誤解していました。

優れたタレントの出現や、戦法の変化があれば、十分に破られる可能性がある記録だと思います。


9位 ジム・ブラウンの8回のリーディングラッシャー

私の認識では、32歳ごろからRBの衰えが始まるようです。

その間の10年ちょっとで8回もリーディングラッシャーになるのは、まず不可能だと思います。

怪我をして満足に走れないシーズンもあるでしょうし。

なお、ブラウンはプロ9年間のキャリアで、これを達成し、最後のシーズンもリーディングラッシャーになりながら、映画界に転身しました。


8位 ジェリー・ライスのキャリア通算197TDレシーブ

ライスは20年間と言うWRとしては異常とも思えるほど長いキャリアでこれを達成しました。

しかもその間のほとんどを一流選手として過ごしました。

このようなタレントが再来することと、QBに恵まれることは難しいと思いますので、破られる記録ではないでしょう。


7位 エリック・ディッカーソンのシーズン2105ヤードラッシュ(1984年)

数年前にエイドリアン・ピーターソンが2097ヤードと、更新まであと9ヤードまでに迫ったことを考えれば、破られる可能性が高い記録だと思います。


6位 ディック "ナイト・トレイン" レインのシーズン14インターセプト(1952年)

1981年シーズンを最後に、11回以上のインターセプトを記録した選手がいないことを考えれば、試合数が倍ぐらいにならない限り、破るのは難しい記録だと思います。

インターセプトは他のプレイと違って、数を増やせば増やすほど、数字が伸びなくなる傾向がありますし。

相手がその選手のところに投げなくなりますからね。


5位 ブルース・スミスのキャリア通算200サック

現役最高のジュリアス・ペッパーズが150回も記録しておらず、またペッパーズやそれに続く現役でサックの多い選手が、いつ引退してもおかしくない状態であることを考えれば、この記録を破るのは難しいでしょう。


4位 ドン・シュラHCのキャリア通算347勝

試合数が倍増して、ビル・ベリチックのような能力を持った若いHCが現れ、トム・ブレイディ並みの選手を二代続けて擁することができて初めて、可能性を語ることができる記録だと思います。

つまり、まず破られることはない記録だと言うことです。

(一部ファンの方は、条件に、「いくつかのズルをして」を加えたがるでしょう)


3位 エミット・スミスのキャリア通算18,355ヤードラッシュ

才能と、チームに恵まれ、さらに怪我に強くないとこの記録は破られないでしょう。

私はまず破られないと考えています。

ですが、バリー・サンダースが体力が衰えるまでプレイしていたら、テレル・デービスがケガなくキャリアをまっとうしていたら、もっとすごい記録ができていたかも、とも考えます。


2位 ジェリー・ライスのキャリア通算22,895ヤードレシーブ

8位の時と同じ理由で、この記録も破られないと思います。

ライスはジョー・モンタナとスティーブ・ヤング、そしてリッチ・ギャノンと言う名QBに恵まれたと思います。


1位 ブレット・ファーブの297試合連続出場

若いうちから頭角を現して、他に譲らないほどの能力を持ち、さらに精神的にも肉体的にもタフでないとできない記録です。

まず破られない記録でしょう。

ですが私は、ファーブの絶対に破られない偉大な記録は、336回と言う被インターセプトだと考えます。

これだけ失敗しながらも、それをおぎなって余りあると考えられ、起用され続けたところに、ファーブの偉大さが表れていると考えます。


動画にはない記録ですが、ビニー・デスタバーディーの

21年連続TDパス成功

も破ることが難しい記録だと思います。


20170520NFL不滅の記録10の画像



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック