【セキュリティ】米政府機関「パスワードは定期的に変更してはいけない」と言うニュース〜パスフレーズとは


一昨日の朝見たネットニュース。

その中のこの見出しには驚かされました。

「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/-----2_1.php

会社でこの件を話題にしたら、ずっと前にそんな記事を読んだよ、と言われました。

去年の8月のこの記事かもしれません。

実は危ない、パスワードの定期変更:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO05876050Z00C16A8000000/

双方の記事をまとめると、多くの人は覚えやすいいくつかのパスワードを準備して、それを使いまわしていたりする。

また、似たような英数字を記号に置き換えたり、サービス名を最後につけたりすることなどが挙げられています。

そう言う防衛策はハッカーも知っているので、それに対応する攻撃を仕掛けてくるそうです。

そんなわけで、パスワードを定期的に変えるのは「危険」と言うか「それほど有効的ではない」ようです。


ではどうすればいいのか?

最初の記事には、「パスフレーズ」を導入することを勧めているようです。

「パスフレーズ」とは、簡単に言えば「パスワードの長いもの」で、途中にスペースも入れられるようです。


ではどんなものがパスフレーズになるのか?

考えられるのは有名な文章や歌詞ですかね。

キリスト教社会なら聖書の有名な箇所とか

ビートルズの有名な歌詞とか

名言とか

数字だけですが、円周率とか

元素記号とか

歴代アメリカ大統領の名前とか

歴代スーパーボウルMVPとか

これらは一般的すぎるので、やはり何か個性を持たせたものや、文章や文字列として読むと、意味をなさないものがいいんでしょう。

なお、私の「パスフレーズ」に関する解釈が正しいかどうかは自信がないです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック