【ホークス】サファテがいなかった10日間の試合について〜岩嵜は成長してくれたかな?


一時帰国のため先月22日に登録抹消となった福岡ソフトバンクホークスのクローザー、デニス・サファテ投手が、昨日一軍に戻ってきました。

サファテ投手がいなかった10日間、ホークスはクローザー抜きで戦うことになり、その時はネットでは、

この10日間は勝率5割で良しとしよう

との声も見かけました。

しかし結果は、6勝2敗と勝率7割越えでした。


打線がよくやってくれました。

この8試合で1試合平均は8得点と驚異的でした。

一方で投手陣は奮いませんでした。

平均4.6失点…

走者を置いての一発が多かった気がします。

ですがクローザーが必要とされる試合はありませんでした。

勝った6試合のうち、最小得失点差は5点。

絶対的なクローザーが必要な状況ではなかったと思います。

この得失点差は打線の賜物と言えるものが多かったと思います。

それでも、いくら点差があっても、最後に投げる投手はキツいと思います。


投手起用では、勝ちパターンとそうではない時のパターンが、これまでより徹底されていたように感じます。

五十嵐投手、森投手、岩嵜投手がよく起用されました。

特にサファテ投手の代役とされた岩嵜投手は、2イニング投げた翌日も登板したりと言う頼られぶりでした。

また、中2日開けて、昨日も出てきました。

どちらも、5点差あるんだから、飯田投手や岡本投手でもいいやん、と思うんですが…

でもそれができないぐらい、この2人とは差があるんでしょう。

それでも、今シーズンはセットアッパーとして覚醒した、と言われていた岩嵜投手が、この10日間の頼られぶりで、もう一皮向けたのであれば、それもいい経験だったと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック