【ホークス】工藤監督がやる「穏やかな心」の儀式は、柳田のためだけではないと思う〜そろそろやめ時かもしれない


交流戦絶好調の福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。

(と言っても、昨日一昨日と絶不調のようですが)

5月に入って、試合前に工藤監督と、ある儀式をやっているそうです。

試合前、工藤監督が柳田選手のところにやってきて、自身の胸をなでおろし、

「穏やかな心で打席に立ちなさい」

と、まるで柳田選手におまじないをかけるようたことを言っているそうです。

そのおかげか、柳田選手は打ちまくりました。

先週は4試合連続してお立ち台に立つこともありましたが、そのたびに

「好調の原因は「穏やかな心」で打席に立てているからです」

と答えてました。

他に言うことはないとかいな、と思う人もいるでしょうが、今やファンも、柳田選手がそのことを言うのを楽しみにしているようです。

柳田選手が打ちまくってホークスが日本一になったら

「穏やかな心」

が流行語大賞をとるような勢いです。



ところでこの儀式、柳田選手に対する「おまじない」のためだけではない、と思っているファンの方もいると思います。


私もそう考えているんですが…

工藤監督は、きっと縁起をかついでいるんじゃないかな、と思います。

この儀式をしていると、柳田選手は打ちまくり、チームは好調。

だからやめられないんじゃないかと思います。

先日五十嵐投手がリリーフだけで5勝目を挙げたとき、

「そう言う運は大事にしてますよ」

と言っていました。

私も物事がうまく行っている時は、習慣はなかなか変えられないです。


プロ野球の監督が縁起をかつぐのはいかがなものか、と考える人もいるでしょう。

私も、理論的に考え、判断するのがベストだと思います。

しかし…

以前あるプロレスラーが、

「アマの世界は無神論でもいいが、プロの世界はそうはいかない」

と言っていたのを読んだ覚えがあります。

多くの人が体験したことがないプロスポーツの世界。

私には、このように儀式をしたり、縁起をかつぐことを否定することはできないです。


ですが…

昨日は讀賣ジャイアンツの前に、継投でしたがノーヒットノーランで敗戦。

試合前の儀式をやったかどうかはわかりませんが、五十嵐投手に勝ちをつけられそうな投入をしたように思います。

工藤監督は儀式を続けるのか、やめるのか、興味があります。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック