【ホークス動画】3年連続交流戦勝率1位達成 \(^o^)/ ~最後は工藤監督が決めたと言っていいのかな?

昨日の広島東洋カープとの対戦に勝ち、福岡ソフトバンクホークスは、7-4で勝ち、3年連続交流戦勝率1位となりました。

3年連続は史上初。

ありがたいことです。



昨日の試合は、ホークスとしてはとても珍しい采配と言いますか、用兵だったように感じます。

先発オーダーは以下の通り

1 (左) 福田 秀平選手
2 (遊) 今宮 健太 選手
3 (中) 柳田 悠岐 選手
4 (三) 松田 宣浩 選手
5 (一) 中村 晃 選手
6 (右) 上林 誠知 選手
7 (二) 髙田 知季 選手
8 (捕) 甲斐 拓也 選手
9 (投) 山田 大樹投手

1番の福田選手、4番の松田選手、7番の高田選手は意外でしたが、この3人全員がタイムリーを放ちました。

そして継投も普通ではないものでした。

山田  大樹投手 2 1/3回 失点2
岡本  健 投手 2  回 失点0
飯田  優也投手 0 0/3回 失点0
五十嵐 亮太投手 1 2/3回 失点0
嘉弥真 新也投手 1 1/3回 失点0
森    唯斗投手 0 2/3回 失点0
サファテ   投手 1  回 失点2

山田投手が2失点で調子が良くないとみると、空振りの三振をとったところで岡本投手へ交代。

その岡本投手は初安打を許すと飯田投手へ。

飯田投手が四球で1アウトも取れないと五十嵐投手へ。

五十嵐投手は珍しく回またぎ。

次は岩嵜投手かと思ったら、このところあまり調子が良くないイメージがある嘉弥真投手へ。

その嘉弥真投手が回跨ぎで1アウトをとったところで森投手へ。

ここまで岡本投手から嘉弥真投手まで、なんとか無失点でしのぎました。

そして5点差でサファテ投手へ。

2点をホームランで失ったものの、リードを守り切りました。



(Sportsnavi「6/18 広島 vs. ソフトバンク ダイジェスト」動画)


この辺りの苦労は下のツイートのリンク先にあります。



私が一番驚いたのは、嘉弥真投手の起用と回跨ぎで任せたところでした。

ここは普通は森投手、岩作翔投手が1イニングずつ投げるところです。

岩嵜投手は連投が続き、一昨日は決勝のホームランを打たれました。

しかし森投手、岩嵜投手で行って、打たれても、ほとんどのファンは納得すると思います。

前述のとおり岩嵜投手には疲労がたまっているし、相手は強い広島東洋カープだし…

悔しいけれど、こんなこともあるあるだろう。

そう考えるでしょう。

でも、工藤監督は「納得させる」より「勝ちに行った」ように感じます。


私には、工藤監督はよほどのことがないと勝ちにいかない監督だというイメージがあります。

それは、目先の1勝より、長いシーズンでの選手のコンディションを優先させるからでしょう。

ですから昨日の采配はとても珍しいと思います。

考えてみれば、先週木曜日の4番江川選手とか、1番松田選手とかも…


工藤監督の采配のことを「謎采配」と批判するファンは少なくないようです。

昨日の試合も、負けていればそう言われて叩かれていたでしょう。

ですが、勝ったので「名采配」とされるでしょう。

しょせん采配なんて結果で語られるもの。

我々ファンは、信じて応援するしかないと思います。


これで工藤監督になって、すべて交流戦1位です。

「立派」どころではすまない、すごい成績です。

特に今シーズンのように、主力を欠いた状態では。

後半戦も応援させてもらいます。


20170618ホークス工藤監督三年連続交流戦勝率1位

(試合後の工藤監督の画像。Twitterからの拾い物)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック