【アメフト】オーパーツ福岡SUNSが初出場でグリーンボウルジュニアトーナメントに優勝~九州のフットボーラーに希望ができた

先々週末の6月25日、オーパーツ福岡SUNSがグリーンボウルジュニアトーナメントの決勝に臨み

オーパーツ福岡SUNS 40 - 14 クラブベアーズ

で勝利。

初出場にして優勝しました。



グリーンボウルジュニアトーナメントは西日本のX2、X3(おおざっぱに言えば、Xリーグの2部と3部)のチームが出場するトーナメントです。

今年一月に発足したばかりのオーパーツ福岡SUNSは、初年度なのでと言うことでX3に所属することになりましたが、それで優勝と言うのはものすごい快挙だと思います。



こちらが数字で見る試合のレポートになります。

NFA「●クラブベアーズ(14) vs ○福岡SUNS(40)試合結果」へのリンク

準決勝までは相手チームに2桁得点を許さなかったSUNSですが、さすがに決勝戦は苦労したようで、先制はしたものの逆転され、4Qに入るまではリードされていたようです。

4Qに入って逆転してからは一気にたたみかけて得点し、最終スコアは26点差と大差がつきましたが、点差で見るほど一方的なゲームではなかったんじゃないかな、と思います。

こちらに文章による試合レポートがあります。

「九州からの新しい風。福岡SUNSが初出場で初優勝」へのリンク

レポートの最後に、吉野至代表の

「九州の人間がこのチームに入りたいと思えるようなチームにしたい」

と言う言葉があります。

半分は推測ですが…

これまで九州の大学でアメリカンフットボールをプレイしてきた選手は、卒業して地元で働くことになったら、Xリーグのチームで日本一を目指してプレイする機会が断たれていたと思います。

関東か関西のクラブチームに入って、そこでプレイすると言うこともできなくはないでしょうが、それをやるのは肉体的にも経済的にもかなり厳しいと思います。

SUNSがX3からX2、X2からX1に昇格すれば、日本一を目指すことができます。

今回のSUNSの優勝は、その可能性に実現性があることを証明してくれたと感じます。

ただし、X1の強豪チームは、QBなどにアメリカの大学でプレイした選手を置くなどしていて、かなりハイレベルです。

とても今の段階では日本一は無理でしょう。

それでも、これから強化していけば、数年後には現実味が出てくるかもしれません。

これからのオーパーツ福岡SUNSの成長に期待します。

20170701福岡SUNS決勝戦①

(americanfootball_fanさんのInstagram

https://www.instagram.com/americanfootball_fan/

より)


なお、今回もこちらのブログに動画満載の試合レポートを書いていただきました。

道楽屋 -Enjoy a hard road of life-「【アメフト】Xリーグwest[クラブベアーズ × オーパーツ福岡SUNS]」へのリンク

こうやってレポートしてくれる人がいることは、きっと選手はじめチームの方々のモチベーションをあげてくれると思います。

ありがたいと思います。


ところで、決勝戦の一週間前、西南学院大学グリーンドルフィンズとSUNSの間で

「故桑原直樹メモリアルマッチ」

が行われました。

今年一月に亡くなられ、それまで福岡SUNSの設立に尽力されていた、西南学院大学グリーンドルフィンズの桑原直樹前監督を追悼する試合です。

【桑原直樹メモリアルマッチ】 2017年6月18日 16:00kickoff @西南学院大学田尻グリーンフィールド 梅雨時期にも関わらず、最高の天気のもと、西南学院大学様と最高の試合をすることができました。 西南学院大学GREENDOLPHINSのカメラマン様より試合写真を頂きましたので、共有させて頂きます。ありがとうございます。 来週はいよいよグリーンボウルジュニアトーナメント決勝です。必ず勝ちます。 皆様の熱い応援お待ちしております。 【決勝戦】 2017年6月25日 14:00kickoff オーパーツ福岡SUNSvsクラブベアーズ @エキスポフラッシュフィールド #americanfootball #xleague #オーパーツ#桑原#桑原直樹#オーパーツ福岡SUNS #福岡SUNS #福岡サンズ #サンズ#SUNS#アメリカンフットボール

オーパーツ福岡SUNS(サンズ)さん(@fukuoka.suns.football)がシェアした投稿 -




こちらにその記事があります。

「桑原直樹さん追悼試合 西南学院大と福岡SUNSが対戦 - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク

「アメフット:桑原さんしのぶメモリアルゲーム 福岡 - 毎日新聞」へのリンク

最初の記事には

「九州のアメリカンフットボールの発展に貢献した桑原氏は生前、九州での競技の活性化のために、地元大学の学生の受け皿として、本格的な社会人チームが必要とその立ち上げに尽力。」

とあります。

トーナメントの優勝で、桑原前監督の思いの通りに行っていると言えるでしょう。

これまでXリーグに参加できなかったものの、九州の大学出身者には優れたタレントがいることも、証明できたと思います。

桑原前監督が目指した「本格的な社会人チーム」と言うのがどのレベルを指すのかはわかりませんが、SUNSのSNSを見ていますと、SUNSがXリーグで優勝できるか、少なくとも優勝争いができるチームを目指していることは伝わってきます。

これからX1に昇格するのに、最短で2年間かかります。

まずは再来年、オーパーツ福岡SUNSがX1に昇格していることを強く願います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック