【NFL」】トム・ブレイディの来日2日目のこと~「The 2017 Tom Brady Asia Tour」(その2)

6月21日に来日し、有明コロシアムでクリニックを行ったトム・ブレイディは、翌日大相撲の境川部屋を訪問。

大関の豪栄道関とぶつかる一幕もあったそうです。



これに関してはいくつかの報道がありました。





「いい勉強になりました。ずっと質問ばかり、スーパースターは違うね。謙虚ですよ」

と境川親方が語っていたのが印象的でした。

午後は有明のドーム社(アンダーアーマーの日本の代理店)で、アンダーアーマーの製品の開発の発表イベント。




そしてこれはいつのことかわかりませんが、讀賣ジャイアンツのユニフォームがプレゼントされたそうです。



ブレイディは前日のクリニックで、今回の来日は2回目で、1回目は野球少年として12歳ぐらいの時だそうです。

そう言えばブレイディは野球でもドラフトをうけていたと思いますし、実のお姉さん方はソフトボールでは有名な選手だそうです。

義理の兄弟には東北楽天イーグルスにも在籍したケビン・ユーキリス選手もいます。


さて今回の来日は「The 2017 Tom Brady Asia Tour」の一環で、私としてはNFLの市場として有力な中国に行ったついでに、日本に呼ばれて寄ってくれた、と言う印象があります。

そのためにはドーム社の尽力があったことと思います。

ありがたいことです。

ツアーのことはこちらに記事があります。



そしてアメリカ時間の7月2日には、アメリカでツアーのことが放送されたそうです。



在米の学生時代の後輩が、アメリカ人の旦那さんと一緒に見たそうです。

旦那さんにとって一番のツボは、やはり日本で相撲部屋を訪問したところだったそうです。


NFLは中国での公式戦開催に意欲を示しており、ブレイディはそのことをよくわかって発言しているようです。





日本は視野に入ってないのか?

残念ながら、今は視野に入っていないと思います。

かつては毎年NFLのプレシーズンゲームが東京ドームで行われてたのですが、日本は見切られたようです。

ではどうしたらNFLに振り向いてもらえるのか。

それは、日本に住む者がNFLに興味を示していることをアピールし、NFLにお金を落とすことが盛んにならないといけないかな、と思います。

興味を示す、とは、NFLの公式サイトやNFLJAPANの公式サイトをチェックすること(NFLはきっとアクセス元のログをとっているはずです)、SNSでNFLのことを方い続けることだと思います。

そして、NFLにお金を落とすとは、NFLオフィシャルショップのグッズを買ったり、NFLのGAME PASSを買ったり、日テレジータスに加入したりすることだと思います。

他にも方法はあると思いますが。

お金を出すことはなかなか方法すら見つからない難しいことだとは思います。

ですが、NFLも利益を追求しなければならないので、市場となりえないところに興味を示さないでしょう。

私は世界の中ではもちろん、アジアの中でも、日本はNFL人気が低い国だと解釈しています。

これはなんとかしたいことです。

再び日本にNFL選手が来日してくれるよう、我々ファンは模索を続けねばいけないと思います。

日本人の選手が出現すればメディアが注目して人気が出るはず、と言う考え方もあり、それは否定しませんが…

それだけではなく、自分から行動すべきだと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック