【ホークス】ギータと「ゴーンヌおじさん」が親友だとは知らなかった〜オールスターのホームラン競争で実況を聴きたい

以前このブログに書いた「ゴーンヌおじさん」こと近藤祐司さんと、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手は親交があるそうです。



この記事の

「日本ハム戦のCS放送の実況を担当する近藤祐司アナウンサー(43)とはオフのイベントなどを一緒にこなす親しい間柄。

近藤アナは日本ハム選手の本塁打が出るとメジャー流に「イッツゴーン(It’s gone=入った)」と叫ぶ。

前日7日の柳田の本塁打の際は相手チーム用の「グッバイ(Good bye)」と実況した。

映像を見た柳田は「グッバイってなんですか? 今日は打つので(イッツゴーンと)言ってください」とリクエストしていた。

宣言通りの1発に近藤アナもこの日は本来、日本ハム用の「イッツゴーン」と叫んだ。」

のところです。

「オフのイベント」ってなんだろう…

気になります。


この記事の翌日にはこんなことが



「練習前に近藤アナの姿を見つけた柳田は「イッツゴーンって言ってましたね。昨日は気持ちよく寝られました。レアードの時はめちゃすごく言ってましたね」とご機嫌だった。」

そうです。

なお、関連記事は福岡の西日本深部にもありました。



最近近藤祐司さんの「イッツゴーン」はかなり有名になったようで、職場にいるアメリカンフットボールのファンの方も

「近藤さん、最近(アメフトとは)別のところで有名になっていますね」

と言ってました。

(近藤祐司さんのアメフト界での活躍ぶりはこちら

「【野球中継】近藤祐司アナが、「イッツゴーンヌおじさん」と呼ばれているとは知らなかったことについて」へのリンク

20170712近藤祐司さん@ブレイディツアー

(トム・ブレイディ来日イベントで、ファンからのサイン要望にこたえる近藤祐司さん

いつもニコニコされているので、こう言うきりっとした表情は貴重だと思います。)


ところで、ふと思いついたのは

近藤祐司さんに、オールスター戦のホームランダービー(ホームラン競争)の実況をやってもらったらおもしろいんじゃないかな、

と言うことです。

テレビでも、場内でもいいので。

盛り上がると思うんですけどね〜

今年は柳田選手も2戦とも出ますし。

今年が無理なら来年でも。

そして

「イッツゴーン」

が流行語になるとおもしろいなと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック