【歴史の本】「ライト兄弟: イノベーション・マインドの力」と言う本のこと〜年表に書いてあることの続き


Facebookで、こんな本を紹介している人がいました。

「ライト兄弟: イノベーション・マインドの力」
デヴィッド・マカルー著
ISBN-13:978-4794222787
https://www.amazon.co.jp/dp/4794222785/ref=cm_sw_r_tw_api_rt0BzbYJWX08D

飛行実験に成功した後の、ライト兄弟のことが書いてあるそうです。

こちらに詳細があります。

「『ライト兄弟』「訳者あとがき」より――秋山勝  『ライト兄弟』デヴィッド・マカルー著 秋山勝訳 - 草思社のblog」
http://soshishablog.hatenablog.com/entry/2017/05/19/142732

「児童向けに書かれた(ライト兄弟の)伝記の多くは、1903年12月17日にキルデビルヒルズの砂丘から舞い上がったライトフライヤー号の成功をもって大団円を迎える。」

多くの人は、いつ、どこで、と言うことまでは知らなくても、ライト兄弟が初めて飛行に成功したところまでは知っているでしょう。

そしてその後、順調に飛行技術は広まって行ったと思っているのではないでしょうか。

実は私も、この本の紹介を読むまではそう思っていました。

と言いますか、その後飛行技術がどのような経緯で広まって行ったのか、気にしていませんでした。

実際のところ、ライト兄弟の飛行技術は、本国のアメリカでは壁にぶち当たり、広まらなかったそうです。

そしてライト兄弟はヨーロッパに向かったそうです。

「ライト兄弟: イノベーション・マインドの力」 には、そのことが書いてあるそうです。

この本のことを教えてもらって、ライト兄弟の快挙は「終わりなのではなく」、「始まりの終わり」に過ぎないと言うことを思い知らされました。

Facebookに投稿してくれた方には、本当に感謝です。


私たちは歴史を学ぶとき、いつ、何が発生した、とか発明された、とかまでは知ることになります。

では、それはその後どうなったのか、けっこう知らないことが多いんじゃないかと思います。

大学三年生の時に、私は日本史の授業で、

「奈良時代に発生した「荘園」は、いつまで続いたのか」

と言うことを習いました。

「そう言われてみると、始まったことは習ったけど、いつ、どんなことで終わったかは習わなかったなぁ…

と言うか興味を持たなかったなぁ…」

とものすごくショックを受けた記憶があります。

荘園は、豊臣秀吉による太閤検地によって消滅した、と教わりました。


年表に書いてある「歴史上の出来事」すべてについて、終わりを知らなければならない、と言うことはないと思います。

ですが、その中には、まだまだ調べがいがありそうなものが少なくないんじゃないか、そう教えてくれた本と、ありがたい投稿でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック