【米大学アメフト】UCLAの庄島辰尭選手のことが今週末NHK「挑戦者たち」で放送〜そして伊藤玄太選手とジェームズ高田選手のこと

今週末の7月30日(日)の午前3時20分から30分にかけて、NHKのBS1にて、米UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の日本人アメフト選手、

庄島辰尭(しょうじまたつあき)選手

のことが放送されます。



たった10分間の番組ですが、本場アメリカの日本人アメリカンフットボール選手の情報は、ほとんど入ってこないので、とても貴重なものだと思います。

ぜひ見たいです。


と、ここまでで今伝えなければいけないことは書き終えましたので、これで記事を終えてもバチはあたらないと思うのですが、良い機会なので、米大学フットボール界にいる3人の日本人選手のことを書いておきます。

と言いますか、情報サイトへのリンクを貼っておきます。


庄島選手は、昨シーズン、米メジャー大学で公式戦に出場した、初の日本人となりました。

このことは以前ブログに書きましたので、よろしければ読んでください。

http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-3830.html" target="_blank" title="「【アメフト】庄島“ジオ”辰尭選手が、日本人で初めて米大学アメフト公式試合に出場~About Gyo Shojima of UCLA Bruins」へのリンク">「【アメフト】庄島“ジオ”辰尭選手が、日本人で初めて米大学アメフト公式試合に出場~About Gyo Shojima of UCLA Bruins」へのリンク


これはものすごい快挙だと讃えられました。


今年に入って、元横浜DeNAベイスターズの前社長の池田純氏によるインタビュー記事が、三部に渡ってネットにアップされました。







後編にある

「そうした(アメリカのスポーツシステムや文化の)ことを全部、庄島くんが知っていることがすごい。今はフットボールでポジションを取ることが目標だと思うけど、将来的に日本のスポーツ文化のところで何かやってもらいたいですね。やっぱり中でやっている人というのは、すごく貴重ですよ。」

と言う発言には、ハッとさせられました。

そして、UCLAとアンダーアーマーとの契約額が、讀賣ジャイアンのそれより長期で、単純に一年で計算しても倍、と言う箇所には、まだまだ日本のスポーツチームの価値ってそんなものなんだな、と思い知らされました。


この「挑戦者たち」と言う番組では、今年の初めの方に、ハワイ大学のRB

伊藤玄太選手

のことも取り上げられました。

伊藤選手のことは先月記事になり、アメフトファンの間でニュースとなりました。



そしてまさに昨日、NFLJAPANで取り上げられました。





周囲の選手が、環境が整えられずに離脱していく中、留まって、奮闘して、地位を獲得する姿は、川﨑宗則選手を思い起こさせてくれます。

今シーズン、ロースターに残るだけではなく、ぜひ試合に出て欲しいと願います。


最後にユタ大学のRB

ジェームズ・グレイ選手

のことを。

早大学院高校時代は、ジェームズ高田選手として素晴らしいランを見せてくれました。

しかしほとんど情報が入ってきません。

日本語で書かれたものとしては、去年のものがあります。



「今は全く違うスポーツをしているような気分です」

と言う箇所に、ドキッとさせられました。


NCAAの試合に出るだけでも困難なことはわかりますが…

この3人の選手にNFLへの道を期待します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック