【アメフト】ブリリアン・コージこと徳田浩至さん、アメフト選手時代の思い出を語る

2017年8月26日の朝日新聞朝刊のXリーグ開幕特集に、ブルゾンちえみ With Bのバックの左側、ブリリアン・コージこと徳田浩至さんのインタビューが載っていました。

こちらが紙面の一部です。

20170826ブリリアンコージ_アメフトインタビュー記事の画像

ネットにも記事があがっています。




ただし、無料登録しないと全部は読めません。

そして、コージさん自身がツイートしていましたが、かなりの反響があったようです。




「いいね」の数がすさまじいですが、私として驚いたのは返信の多さ。

そして、その中に

「アメフトのことを知りたい」

と言うファンの方々の声が多いことでした。

この傾向はこのツイートに限らず、コージさんがアメフトのツイートをすると、だいたいこんな感じになっています。

アメフトファンとしてはありがたいと思います。


私は紙面で全部読みました。

その前に動画をみたのですが、「えっ?」っと思ったのは、アメフトの魅力を、選手それぞれの得意なことが生かせるポジションがあるスポーツ、と語っていたこと。

つまりポジションによる特殊性が高いと言う事です。

今風に言えば「ダイバーシティ」を活かしたスポーツです。

このこと自体はよく言われることなのですが…

そっちをあげましたかぁ、と思いました。


と言うのは昨年の特集ではカンニング竹山さんがインタビューにこたえていました。

その時は「アメフトの魅力は頭脳戦」と語っていたと思います。

朝日新聞ではないですが、相武紗季さんは「初めて見ても楽しめるし、深く見れば見るほどおもしろい」と似たようなことを語っていたと思います。

最近はこの流れを読んでいましたので、コージさんが違う方向から語ってきたので、「えっ?」、と思ったわけですが…

たぶんそれは、プレイする側の魅力なんだろうと思います。

そしてほかの2人はプレイ経験はないので、見る側の魅力を語っ他のだと思います。

私ならたぶん相武紗季さんのような回答をすると思います。


動画で

「アメフトをしてたからこの仕事をできた」

と言っていたのは、記事中の

「(ブルゾンちえみさんから)じっくりと体を見られたあと、『合格』と。アメフットがお笑いに生きた瞬間でした」

と言うことだと思います。


法政大学時代は背番号44でディフェンスエンド(DE)にをプレイしまたそうです。

偶然にも、背番号はオードリー若林さんと一緒で、ポジションは春日さんと一緒です。

ディフェンスエンドの主な役目は、ボールを持った選手、特にクォーターバック(QB)やランニングバック(RB)をタックルして止めることです。

アメリカンフットボールのディフェンスは、攻撃から守る、と言うより、攻撃される前につぶす、と言う側面があります。

現役選手で、NFLを代表するディフェンスエンドと言えば、ヒューストン・テキサンズのJ.J. ワット選手だと思います。

若林さんが大好きな選手でもありますが、こちらにその選手のハイライトがあります。

NFL公式「Top 10 J.J. Watt Highlights of 2015 | NFL」へのリンク


話をコージさんに戻しますが、3年生の時に大学日本一に、4年生の時は主将としてチームを率いて関東を制覇。

大学選手権の「甲子園ボウル」では敗れましたが、これだけの強豪校で主将を務めたというのは、ものすごいことだと思います。

こちらが4年生の時の甲子園ボウルの動画です。

白いジャージ(ユニホーム)の44番がコージさんです。



(アメフト 2009年 第64回 甲子園Bowl 関西大vs法政大)


この試合は私は当時テレビで見てブログに手抜き記事を書きました。

「2009年甲子園ボウル 観戦中の私のtwitter タイムライン」へのリンク

とになく関西大学カイザースのQB原口選手がとにかくすごかった、と言う記憶がありますが、その他のことはあまり覚えていません。

そこで、おつきあいのある方の中から、この試合に関西大学の選手として多分出場され、現在Xリーグの

オーパーツ福岡SUNS

吉野至 代表兼選手に、徳田浩至選手の印象を尋ねてみました。

「徳田さんの印象ですが、強くて速くて上手い。そんなパーフェクトな選手の印象でした。

また、甲子園ボウルの際はディフェンスだけではなくキッキングにも多く出場しており、様々なポジションをこなす器用なプレーヤーだと感じました。

私と同じで名前に「至」という字が入っているので、昔からなんとなく意識をしてました。」


とのことでした。

すごい選手だったようです。


ところでこのインタビュー記事は、榊原一生さんと言う方が聞き手となっています。

アメフトの名門、関西学院大学ファイターズでアメフトをプレイされていた方です。

アメフトのことを尋ねるのはもちろん、「ブルゾンちえみ with B」のネタもうまく絡めてあって、本当におもしろく構成されているなぁ…と思いました。

動画の結末も含め。


この記事は「ブルゾンちえみ with B」やコージさんのファンであれば、新聞を買って全文読むことをお勧めします。

売り切れてたり、地方版で掲載がなかったら、朝日新聞の本社に問い合わせれば、通販で打ってくれると思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック