【ホークス】こんなところがあるから、和田が好きだ


おとといの対千葉ロッテマリーンズ戦で、福岡ソフトバンクホークスの和田毅投手は、8回途中2失点でマウンドを降りました。

前の回までマリーンズを0点に抑えていたので、とても悔しかったらしく、降板後にこう語りました。

「ああいう交代をして情けなかったですね。(グラブは)叩きつけてはいないですけど、叩きつけようとしましたけど、なんとか堪えました。あんな形で降りるのは申し訳ないし、情けないし。最低でも8回をしっかり投げ切りたかった。自分でもいけると思ってマウンドに上がっているので、それが出来なくて本当に悔しかった。中継ぎの人にも、たぶん急に(肩を)作ったと思うので、本当に申し訳なかった」

ソフトB和田、悔しい4勝目 グラブ叩きつけようとして…「何とか堪えました」 - エキサイトニュース http://www.excite.co.jp/News/baseball/20170910/Full_count_83539.html

より


スポーツ観戦をしていて、応援しているチームが負けたり、選手のプレイがうまくいかなかったのを見るのは嫌なことです。

でもそれは、相手があることなので仕方がないことだと割り切っています。

もっと嫌なのは、チームや選手が、みっともない行動をすること。

和田投手が語った「グラブをたたきつける」ことは、その最たるもののひとつだと感じます。

このことは、自分が我慢すればいいことなので、責められるべきだと考えます。

プレイがうまくいかなかったのは、道具のせいではないのです。

同意できない方も多いでしょうが、この行為は、反撃できない小動物を虐待することと同じだと考えます。


残念なことに、このような行為はよく見かけます。

この試合でも、ホークスのある打者が、凡退後にバットを地面に叩きつけていました。

さらに残念なことに、最近私は、こう言う行為を見ても、それほど不快には感じなくなっていることです。

ホークスも勝っているし、見慣れてしまって麻痺してしまったのでしょう。

そしてその先に行き着くと考えられるのが、私自身が仕事のミスとかで、そう言うことをやってしまうようになることです。

わたしはけっこう怒りっぽいので、そうなったら大変です。


和田投手のコメントは、やはりああいう行為はいけない、と私に思い出させてくれました。

そう言う、人として、基本的な道徳を語ってくれることがあるので、私は和田投手が大好きです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック