【ホークス】ギータのケガで懸念されること2点


福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が、一昨日の対北海道日本ハムファイターズ戦の負傷で、登録を抹消されました。

SB柳田、負傷で登録抹消 監督「CSには間に合う」:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK9P5JYPK9PTIPE01V.html

球団は、

「右腹斜筋と肋間(ろっかん)筋の損傷で全治3週間と診断された」

と発表したそうです。


CSファイナルステージが始まる10月18日まで4週間弱。

ちょっと出場はきびしいかな、と考えます。

記事中の工藤監督の

「CSには間に合うと思っています。1日でも早く治すように本人には伝えた」

とか

「レギュラーシーズンについて早く復帰したいという気持ちが強ければ強いほど、早く治ると思っています。代打の可能性もゼロではない」

と言う言葉は、本意ではないと思います。

では、なんの目的でそんなことを言ったのか…

昨年ファイターズが日本シリーズで見せた、大谷翔平選手を代打に出すようなふりをしてネクストバッターズサークルに送ったことを真似ようとしている…

と言うことはないと思いますが。

理由はよくわかりません。

でも実際早く戻れたら、あと1つに迫っている100打点も達成できるかもしれませんし…

日本シリーズでは、柳田選手が好きな広島東洋カープとあたる可能性もあり、それには出させてあげたいでしょうし。

ケガからの復帰が診断より早い例も松田宣浩選手の場合とかはよくありましたし。


それはさておき、

柳田選手のケガで懸念されることを2点書いておきます。

ただしケタ違いのフルスイングが原因、と言う前提でです。

そして、目新しい懸念ではない、と言うことも書き添えておきます。


まず、フルスイング恐怖症になること。

フルスイングをしたら、またケガするんじゃないか、と言うメンタルへの影響が怖いです。


もう一つは、この手のケガがクセになること。


いずれの懸念も、完治してからの出場であれば、そうなる可能性は低いと思います。

私としては無理はして欲しくないです。

それは工藤監督も一緒だと思います。

柳田選手にはまだまだ何年も活躍してもらわないと、と考えていると思います。

ですから、工藤監督の言葉は本意ではないと思うのです。


打線の方は内川選手が復帰濃厚ですし、長谷川勇也選手もいます。

なんとかなるでしょう。

それに、ホークスは中継ぎ陣と守備力が最大の武器だと思いますから。

(柳田選手の守備力もその武器ではありましたが…

福田選手が安定して打ってくれたらいいのですが…)


でも、相手がカープであれば出させてあげたい…

それまでにはなんとかしてくれ、と願います。

自分自身のために。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック