【ホークス】千賀の「男気」登板は絶対に勝って欲しい〜和田の叱咤激励にこたえられるように


福岡ソフトバンクホークスの今日の予告先発は、千賀滉大投手です。

個人的なことを考えたら、千賀投手は投げない方がいいのです。

現在13勝4敗。

規定投球回数に6イニング足りないものの、規定勝利数の13勝を挙げているので、このままシーズンを終えれば最高勝率のタイトルを手に入れることができます。

もし今日の試合で負けたら、最高勝率のタイトルは、同僚の東浜巨投手に渡ります。

東浜投手はリハビリ中で、ポストシーズンでの登板に照準を合わせて調整中で、もうレギュラーシーズンでの登板はできないようです。

千賀投手はタイトルを逸するリスクを負って登板することになります。


千賀投手が登板するのは

「ここのところ打ち込まれていて、このままポストシーズンに突入するには不安が残るから」

と言う理由からのようです。

個人タイトルよりも、チームの勝利のことを考えてのこと、と言えるでしょう。


いちファンに過ぎない私には実感できないことですが…

ひとつでもタイトルを獲って引退するのと、獲れないままキャリアを終えるのでは、天と地ほどの差がある、と言っていた日本一にもなったことがあるプロ野球監督経験者がいたように記憶します。

それを裏付けるような行為、例えばわざと試合に出なかったり、ライバルの打者を敬遠しまくったりと言うことを見かけます。

ファンから見たら残念なことですが、選手にとってタイトルというのはそれだけ重要と言うことでしょう。


それを振り切って、チームのポストシーズンのために登板する千賀投手には、ぜひ勝利投手になって欲しいと思います。

できれば6イニングを投げ、規定投球回数に達成して、と言うことで。

規定投球回数を投げたか投げなかったかは、査定に大きくひびくと思いますし、そのシーズンの投手記録に残るか残らないかもかかっていますから。


ところで、勝てない千賀投手に対し対し、和田毅投手が

「今年は東浜にタイトルを譲るのか」

と言ったそうです。

千賀投手は昨シーズン、最高勝率を撮れる勝率をあげていたのですが、終盤に勝てなくなり、規定勝利数の13にひとつ足りない12勝で終わったため、タイトルを和田投手に譲る形となりました。

乱暴な言葉ですが、もちろん和田投手はイヤミで言ったことではなく、千賀投手を叱咤激励する気持ちで言ったのでしょう。

和田投手の期待にこたえるためにも、千賀投手には絶対に6イニングを投げて勝って欲しいです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック