(追記あり)【NFL】コミッショナーやオーナーは屈してしまうのか?〜国家斉唱時の起立をルール化へ


長い間NFLを見てきましたが、結局私はそれを通してアメリカ社会を知ることは、まだできていないな…


現在政治を巻き込んでの、国家斉唱への「抗議行動」の流れを見て、何度もそう思わされました。

NFLの一部の選手が、国家斉唱のときに膝をつく「抗議行動」は、昨シーズン夏のプレシーズンゲームから始まりました。

その後も「抗議」の表現の方法は増えながら、静かに広まっていました。


この日本ではあまり伝えられなかったニュースが、テレビでもよく取り上げられるようになったのは、先月22日にアラバマで行った演説で

「NFLのチームのオーナーが「ろくでなしをすぐ退場させろ、クビだ」と言うのを聞きたくないか」

と「抗議行動」を批判したことに、翌23日以降の試合で、NFLがコミッショナーからほとんどの選手までが一体となって、反旗をひるがえした時でした。



(トランプ大統領の演説の動画。BBC JAPANから)

この時、私はなぜトランプ大統領が「抗議行動」のことを批判したのかがわかりませんでした。

今もわかりません。


腹の中では十分に感じていることだとは思いますが。

しかし大統領として政権を運営して行く上では必要はなかったんじゃないか、と思います。

あえて「民衆の敵」を作らねばいけない状況だとは思えませんし。

そもそも、アメリカ合衆国でダントツの人気を誇るNFLを敵にまわしても勝てないだろう、と思いました。


労使、つまりオーナーと選手を分裂させたかったのかもしれませんが、その意図もわかりませんし、結果として労使は分裂しませんでした。

この批判は、反対派を増やす以外に成果をあげられないんじゃないか、と思いました。


しかし国民は違ったようです。

それから1週間ぐらい後のCNNの調査では、大統領を支持する声がやや高かった、と発表しました。

CNNはやや左寄りで、トランプ大統領から会見の途中に

「出ていけ!」

と言われたこともあるメディアで、大統領を支持しているとはとても思えません。


その調査よりも、NFLがファンから支持されていない「現実」を見せつけられたのは、9月28日に行われた試合のことでした。

この試合に出場したグリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャースは絶大な人気を誇ります。

ロジャースは試合前に

「グラウンドの中にいる我々だけではなく、観客席にいる人たちも一緒に「抗議行動」を行ってほしい」

とツイートしていました。

しかし本番では、ロジャースのツイートにこたえて「抗議行動」を行った観客はひと握りほどだったそうです。

しかも試合が行われたのは娯楽がいくらでも転がっている大都市ではなく、パッカーズがなければ何もなく、それ故にパッカーズが生活の一部となっているグリーンベイで行われたのです。

白人が80パーセントを超える街ではありますが、観戦に来たファンのほとんどが、応援しているチームの大黒柱の選手を支持しなかった、と言うことには、そうとう驚かせられました。

「アメリカ人も、NFLファーストとはいかないんだな」

そう思わされました。

スポーツよりも国のことを大事にするのは当然だとは思いますが…

しかし国が自由を保証することの方が大事だ、と思う人の方が多いんじゃないかと思ったのですが…

そして一連の「抗議行動」を、多くの人が支持していないのだろう。

それを実感しました。


さらに衝撃的だったのは、昨日読んだこのふたつの記事でした。





コミッショナーとオーナー達は、「国家斉唱中は起立しなければならない」と言うルールを作ろうとしているようです。

これはNFLがトランプ大統領に屈しようとしているんじゃないか、そう感じました。

コミッショナーは

「国旗と国に敬意を表したいと考えており、ファンにもそれを期待されている」

と語っています。

ファンが期待しているのは、グリーンベイでの一件で明らかだと思います。


また、トランプ大統領は、国を侮辱するNFLに対して優遇税制を適用しているのはおかしい、廃止を検討することも考える、と語ったそうです。

そう言う制度に守られているとは知りませんでしたが、この発言がコミッショナーやオーナーを動かしたのかもしれません。


「トランプ大統領は「カルチャー・ウォー」に勝利した」

とワシントンポストは伝えました。



こちらのニューヨークタイムスでは、この闘争を「Anthem Kneeling Fight」と呼んでいます。



いずれにしろこの闘いがトランプ大統領側が勝利する方向へ舵をきるとは思いませんでした。

それでもこの闘争は、まだ二転三転しそうな気がします。

(追記)

ロジャー・グッデルコミッショナーは、米11日に、国家斉唱時のルールについて、これまで通りとして変更しないことを表明しました。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック