【2017シーズンWEEK8】「オードリーのNFL俱楽部」について~スタジオに春日の追っかけが…



2017年11月4日未明に日本テレビで放送された「オードリーのNFL倶楽部」のことを書きます。

1.大型トレードが成立

10月31日のトレード締め切り期限を前に、いくつかの注目すべきトレードがありました。

最も大きいものは、ニューイングランド・ペイトリオッツからQBジミー・ガロポロがサンフランシスコ・49ナーズにトレードされたことでしょう。

49ナーズからペイトリオッツへの見返りは、来年のドラフト2巡指名権です。

ガロポロはトム・ブレイディーのバックアップとして重要な存在でしたが、ここにきて49ナーズのQB不足が深刻になり、このような事態になったものだと思われます。

QB不足と言えば、クリーブランド・ブラウンズも悩まされています。

現在シーズンの半ばまでが終わりましたが、ここまで全敗しているチームは、この49ナーズとブラウズだけです。

この件は、アメリカンフットボールにおいて、QBと言うポジションがいかに重要か、ということを如実に表す好例だと思います。

(ですから、グリーンベイ・パッカーズを応援している私にとって、アーロンロジャースの離脱は、ものすごく深刻なのです)


ところで若林が

「春日さんもトレードしませんか?」

と言っていました。

「私を?

トレードって私をどうすんのよ?」

と、微妙な表情の春日。

「いや、カンニング竹山さんに来て欲しい」

と若林は答えていました。


2.スティーラーズ大ライオンズ

最初のハイライトは、ピッツバーグ・スティーラーズ対デトロイトライオンズでした。



試合の展開としては、ライオンズのオフェンスが何度もスティーラーズのゴールライン前まで攻め込むのですが、どうしてもTDまで持ち込むことができずにFG止まり。

スティーラーズディフェンスが守りきった、という印象の試合でした。

ハイライト動画の最後に、ワイプの若林が

「スティールカーテン」

と、ぼそっと言っていました。

「スティールカーテン」とは、スティーラーズの黄金時代、1970年代に名付けられた、スティーラーズの「鉄壁」のディフェンスのニックネームです。

これはウィンストンチャーチル元英国首相がフルトンの演説で使った

「アイアンカーテン」

に引っ掛けたものでしょう。


3.若林の熱視線SUPER

今週のプレイは、上の動画の7:19あたりから始まる、スティーラーズのゴール前でのライオンズのランプレイ。

これがタッチダウンにならずに止められたプレイでした。

若林によるとこのプレイは、ゴール前のスティーラーズの選手が真ん中のゾーンを埋めることで、ライオンズのRBをやや外側に走らせ、そこをマークしていた他のディフェンスの選手が、RBを仕留めた、というものでした。

上の動画ではちょっとわかりにくいかもしれません。

私の解釈が合っているかどうか分かりませんが、「アイシールド21」で出てきた「ランフォース」というプレイになるのかな、と思います。

あらかじめタックルする選手を決めておいて、そこまでは穴を開けておいて、そこにRBを走り込ませ、そしてそこで仕留めると言うプレイです。

また、このプレイの説明の前に、このフォーメーション「ワンバック」は何をしてくるが読みにくい、と若林は言っていました。

たしかに、何でもできるフォーメーションだと思います。

ショットガンフォーメーションなら、大体パスプレイ。

Iフォーメーションなら、ランプレーの比率が高い、と言えるのですが。

先週「ゾーンの切れ目」と言うと通っぽい、という話題が出ましたが、私のお勧めの通っぽい言葉としては、フォーメーションから想像される一般的なプレイの逆のことを言ってみることです。

例えばショットガンフォーメイションなら、パスプレイが多いので、

「次は逆にランかなぁ」

とか言ってみることです。

本当にランプレになったら、それはめでたしめでたしとなります。

素直にパスだったら、

「裏の裏をかいてきたか」

と言っておけば、いいでしょう。


話がそれまくりましたが…

このコーナーで最初に動画を見せた後、若林が春日に、なぜランを止めることができたか、と質問していました。

「そうねぇ

ディフェンスの選手が倍の人数いた、とかかな」

とボケていました。

そして、フリップで三本ジワをいじられてました。

そのフリップはオフトーク動画で見ることができます。

「三本ジワTシャツ」を作ろうか、とか言っていました。


4.カウボウイズ対レッドスキンズ

2番目のハイライトは、ダラス・カウボウイズ対ワシントン・レッドスキンズでした。



贔屓チームの選手でさえ、頑なに名前を覚えようとしない、あるいは、覚えていないふりをしている春日が

「プレスコット君とエリオット君」

と名前をすらすら言っているのが、面白かったです。


5.特集は「孫子の兵法」?

今週の特集では、小池絵未さんがシアトルに飛んで、CBリチャードシャーマンのすごさを、地元のメディアにインタビューしていました。

「シャーマンはトップ選手だが、それが数字に表れているわけではない」

と地元メディアの方が答えていました。

というのは、評価に比べてインターセプトの数がかなり少ないからです。

インターセプトの数が少ないのにトップ選手と言う評価は、シャーマンが守っているゾーン、あるいはマークしている選手に、相手チームがパスを投げないからです。

それだけ、シャーマンのところにパスを投げるのは危険だ、と思われていると言うことです。

まさに「シャットダウンコーナーバック」です。

相手チームにとっては嫌な存在です。

何しろ、最初からフィールドの半分位のゾーンにパスを投げ込むをあきらめなければいけないのですから。


これも私の解釈が正しいかどうか分かりませんが、「孫子の兵法」にある有名な言葉

「戦わずして勝つのが最も良いこと」

(オリジナルは

「百戦百勝は、善の善なる者に非るなり。

戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。」

です)

と同じことだと言うことでしょう。


6.山崎アナのいじり

その他のチームのハイライトでは、久々に山崎アナがナレーション。

オフトーク動画でも紹介されていましたが、元選手でポジションは、高い運動能力が要求されるDB。

今シーズン過激になっている、ナレーションでのMC陣いじりをやっていました。

応援するヒューストン・テキサンズは惜敗したものの、ルーキーQBデショーン・ワトソンが400ヤードを投げるなど大活躍に

「若林さん、美味しいお酒が飲めそうですか?」

これに

「い〜や、負けてんのよ。

もう8週目だぞ」


今週も安定の勝利をあげたペイトリオッツ。

「新婚の久野アナ。

プロポーズされたらどうしますか?」

これに

「主人と相談します」

(久野アナは初の既婚女子アナさんなのは知ってましたが、考えるところがあって、今までここに書くのは控えてました)


今週も負けたタンパベイ・バッカニアーズ。

「どこかのチームに浮気するとしたら?」

と言う問いに

「緑のチームが気になってるのよ。

フィラデルフィア。」

そろそろ本気でイーグルスに乗り換えるかもしれません。

緑のチームなら、私としてはパッカーズでもウェルカムなんですが…

7.少年カスがのスーパープレイ

今週春日が選んだのはこれ



バッカニアーズと対戦したカロライナ・パンサーズのRBジョナサン・スチュワートのダイビングプレイでした。

(細かいことを言いますと、アメフトには「ダイブ」と「ダイビング」があって、前者は真ん中を走るプレイで、後者はこの動画のように、選手を飛び越えていくプレイです。

ただこの動画では「ダイブプレイ」と言っているようですが…)

スチュワートは趣味がピアノで、自宅にスタジオを作っているほどだそうです。

それを聴いた若林が

「ラグビーでもステップとリズムが一緒だとか言われますね。

そう言えばラグビーワールドカップ、日本代表、どうでしょうね。

日テレで放送されますが…」

などと、2019年に日本で行われるラグビーワールドカップの宣伝めいたことを話しました。

「おい、何言ってんだよ

「オードリーのラグビー倶楽部」じゃないんだからさ」

と春日が止めていました。

なお、若林は中学時代ラグビー部に所属して、センターをプレイしていました。


8.侵入者?


今週のオフトーク動画は、動画を見ていただいてから、読んでいただければと思います。



(「オードリーのNFL倶楽部2017 Week8 オフトーク」)

途中から、よくわからない人が入ってきて、ちょっとおもしろいことになりました。

なんでも、12月に日本テレビで放送される「グレートパパラッチ」と言う密着番組のスタッフの方だそうです。

「グレートパパラッチ」については、ググったところ、まだ何も情報はありませんでした。

番宣とか何にも考えずに入ってきたそうで、久野アナが「いつ放送ですか」とフォローしていました。


その他おもしろかったのは、山崎アナが「DB顔」で春日が「DE顔」と言われていたこと。

ということはDEだったブリリアン・コージは…

個人的にはディフェンスよりオフェンスの顔、と言う感じがします。


あと、49ナーズ全敗で、相武紗季さんの家庭が荒れていないか、と心配されていたこと。

もともとは49ナーズファンで、留学先は49ナーズがあるからサンフランシスコにしたほどですから。


また、ここでも春日が応援するチームをかえるのではないか、ということが話題になっていました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック