【NFL】miwa、スーパーボウルを現地観戦〜トークとブログのギャップが…

歌手のmiwaさんが、先週行われた第52回スーパーボウルを、現地米ミネソタのU.S.バンクスタジアムで観戦して来たそうです。


このツイートのリンク先にある記事は、おそらくラジオ(ニッポン放送「miwaのオールナイトニッポンPremium」)で語られたものと思われます。

読んでみますと…

まず、スーパーボウルを見にいこうと思った理由が、想像とは違いました。

もともとmiwaさんのお父さんがアメフト好きで、毎年家族でスーパーボウルをテレビ観戦するほどだそうです。

去年もテレビで見ていたところ、あまりにもすごい逆転劇(試合時間の3分の2を過ぎたところから25点差を逆転。これはスーパーボウルじゃなくてもなかなかないすごいことです)だったので、一生に一度はスーパーボウルを見に行きたい、と言う気持ちになったそうです。

そして今年、昨年の大逆転の立役者、トム・ブレィディがまた出場することになって、彼ももういつ衰えるかわからない歳だから、もうこれが最後のスーパーボウルになるかもしれない、と思い、ご両親と一緒に見にいくことにしたそうです。

私はてっきり、仲がいいオードリーさんに勧められて見にいくことにしたのかと思いました。


トークの中で印象的だったのがここ。

「13時に行って。

試合が始まるのが大体17時ぐらいなんですけど、スタジアムは7万人ぐらい居て、すごい規模なわけですよ。

入った瞬間に爆発だよね、脳が。

すごすぎる!みたいな。

なんだこの規模は!さすがアメリカや!みたいな。

もうね、ずっと芝生観てて、飽きない(笑)。

4時間、芝生観てて飽きないのよ。

それがスーパーボールだよね(笑)。

4時間芝生観てても退屈しないわけ。

試合始まるまでずーっと芝生観てて。

いや最高だよね、なんだろうここは…みたいな。

本当にスーパーボールに来てしまったんだな私は…みたいな。」

4時間芝を見てて、それで飽きない、とか考えられますか?

私には想像もつきません。

30分でも、早く始まんねーかなー、と思ってしまいます。

miwaさんはアーティストですから、見ていて、私のような一般人が感じなかったことを感じ、それで退屈しなかったのかもしれませんが…

それでも4時間は長すぎるやろ、と思ってしまいます。

きっとスーパーボウルってそんなものだと思います。

特に初めてなら、あーとうとう来てしまったんだ、人生の夢のひとつを達成したんだ、とか色々と考えたりするんでしょう。

でも、くどいようですが、4時間は長過ぎますが、そう思わせないところがスーパーボウルなんでしょう。


ところで、miwaさんの公式ブログにも、スーパーボウルを見に行ったことが書かれていました。


どんなことが書いてあるんだろう。

どんなことが印章に残ったんだろう。

と期待して見てみたその内容は…

「スーパーボウルの話、、、

走る人、投げる人、蹴る人、、、面白かったです(笑)


アーモンドとか、ロッカーの鍵とかも(笑)

蹴る人をやってみました(笑)」

こ、これだけか…

う〜ん…

でも、これで十分です。

「スーパーボウルに行って来たよ。

おもしろかった。」

だけでも。

私には、有名人がそう行ってくれるだけでありがたいです。

できれば、オードリーさんと、このスーパーボウルのことを語りあって欲しいですし、一生に一度と言わず、何度でも行って、

「おもしろかった〜」

と言って欲しいです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック