【最終回】「とんねるずのみなさんのおかげでした」と言うより「とんねるずのみなさんのおかげです」の思い出~やっとわかった「歌は強弱中強弱」

2018年3月22日の放送をもって、

「とんねるずのみなさんのおかげでした」

の放送が終わりました。

私がこの番組を見なくなったのがいつだったかは覚えていませんが、最近はあまり体をはっていないようで、おもしろさを感じませんでした。

私がよく見ていた、1989年頃は、

まだ、番組名が

「とんねるずのみなさんのおかげです」

と言っていたころは、本当に体をはった面白いコントをやってくれました。

そしてその頃には、体がはれるだけのお金が、テレビ局にあったんだろうと思います。

今、あれだけ忠実にPVを再現できるお金は、なかなか出せないんでしょう。

歳をとったから体をはっていないのか、それとも体をはれるだけのお金がないのか…

どちらも言えるんでしょう。


3月8日の放送では、これまでのコントの歴史を振り返るとともに、この回のために制作された「したの国から2018 早春」が放送されました。

宮沢りえさん、渡辺満里奈さんの共演を久しぶりに見ました。


とても懐かしかったですが、みやざわりえさんの

「ふざけんなよ」

は、もう当時のものではないな、と感じました。

昔の回想は本当に笑わせてもらいました。

録画しておけばよかった…



コントでは、保毛尾田保毛男シリーズ、宮沢りえさんとノリ子のシリーズ、「まつもと〜」のノリユキのシリーズ(「「BOMB!!」に投稿するぞ」とか言ってたなぁ)、ストロベリーが出てくるもの…

こんなところが好きでした。

宮沢りえさんのシリーズでは、石橋貴明が先生役で出てきて、毎回

「先生の名前は~」

と言って黒板に何か書いて、楽屋落ちネタをやってスタジオの笑いを誘っていました。

たしか一度

「先生の名前は~」

と言って黒板に何か書いて

「オードリーです」

と言っていた回がありました。

もちろん若林、春日のオードリーのことではないです。

彼らがまだ小学生の頃の話しですから。


さすがにもう保毛尾田保毛男シリーズは流れませんでした。

3月22日の放送では、思い出のPVパロディでも、「HOMO DANCE」は流れませんでした。


しかし、見たことがないストロベリーの登場回が見られました。

それと、田舎(たしか北関東)の高校生がバンドをやる

「ロックンロール最高物語」をやっていました。

とんねるずとチェッカーズの一部のメンバーで、矢島工務店と言うバンドを組んで

「みちのく一人旅」

のロックンロールバージョンをうたっていました。

ターキー(石橋貴明の役名)のパートは琴でした。

けっこうこのシリーズも好きでした。


そう言えばどういう企画か忘れましたが、山本譲二さんが出てきて、とんねるずの二人に

「「うたはきょうじゃくちゅうじょうじゃく」だからね」

と言っていたのを思い出しました。

「うたはきょうじゃくちゅうじょうじゃく」…

当時は調べるすべがなかったため、意味は分かりませんでした。

今調べてみると、

「歌は強弱中強弱」(うたはきょうじゃくちゅうきょうじゃく)

と言うことを言っていたようです。

こちらのブログにあったのですが…

「『強弱中強弱』」へのリンク

「4拍子は

1、2、3、4が同じ強さで並んでなくて

1拍目が一番強くで

3拍目が2番目に強いってこと。」

だそうです…


さっき、30年近く前によくやっていた、保毛尾田保毛男のものまねを、台所でこっそりとやってみました。

もう技術的にも、精神的にも、昔のようにはうまくできないことがわかりました。

ああ、この番組は、私がバカだったころの思い出と一緒に、本当になくなってしまうんだな…

なんとも言えない気持ちになってしまいました。

でも、私が大好きだった「とんねるずのみなさんのおかげです」はとっくになくなっていましたが…


ネットを見ると、番組の終了を惜しむ声がたくさんありました。

意外だったのは、こんな人たちも投稿していたことでした。






好きだった時代は違うかもしれませんが、多くの人に愛されていたことがわかりました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

「時代と特権」というブログ記事タイトルではバラエティー全盛の時代がラッキーだったというのですが、視聴率、視聴質も悪く、ネットでの評判も悪かった数年を振り替えるとネット時代ではなかったのもラッキーだったんだなと思いました
いいともが「終わる終わる詐欺」「老人介護」「内輪ウケ」と不評で、視聴率もテレフォンでもっていたのに、終わったら「タモロス」とか。

管理者のみに表示

トラックバック