【オードリー】春日と若林の飲料のCMに共通する「働き方改革」のこと

これまで日曜日には「オードリーのオールナイトニッポン」のことを書いてきましたが、なかなか放送を聴く時間、そして書く時間が取れなくなりましたので、最近、日曜日はこのブログの休日となっていました。

今週もそうなりそうなので、代わりに最近のオードリーの2人が出ている飲料のCMを見て気づいたことを書いておきます。

まず若林のリアルゴールドから



CMを含むツイートはこちら




メイキング動画を含むツイートはこちら



5:30のところから、

「働き方改革」

について語っています。



上のツイートのリンク先の記事の2ページ目にもありますが

「テレビ業界にも働き方改革の波がきてまして、昔はADさんが深夜に亡霊のようにテレビ局の廊下を歩いてたりしましたが、いまはもう22時くらいに電気を消してたりして早くなってますね」

と言うようなことを語っています。

「そう言えば深夜一時からの収録も少なくなったと思います。」

とも。

そう言えば「とんねるずのみなさんのおかげです」ので1990年ごろに放送された「ホモダンス」では、パロディのMVを一通り流した後、ちょっとしたメイキングが流されました。

最後の「タカさーん、チェック」の後、スタッフの「はいOKです」の声が入り、石橋貴明が「午前2時…」とか、正確な時間は覚えていませんが、信じられない時間まで撮影していることを言っていました。

不謹慎な話ですが、私はこのパロディMVが大好きです。

でも、働き方改革の一環で労働時間の短縮が進めば、もうこんな大きなスケールのものは出来ないと思いました。


そして春日の「WONDA」のCMが載せられているツイートがこちら。



こちらについては、販売元のアサヒ飲料がコメントを出しています。



「働き方改革はポジティブに受け入れられている」

と言うことと、メリットを語ったうえで

「「さらに、働き方改革によって負担が増えたと感じる人も多いことがわかった」と、出社時間が早くなってしまった人は2割に達していた。では、負担が増えたことによるストレスは何で解消しているのだろうか。「ビジネスパーソンのストレス解消法は、“缶コーヒーを飲む”であった」と、午前、午後を問わず缶コーヒーを飲むことがストレス解消につながると回答していた。」

と記事には書かれています。

そう言うことでコーヒーのCMに働き方改革を持ってきたんですね。

ウィキペディアによりますと、若林の「リアルゴールド」は「栄養ドリンク」のカテゴリーにありますので、働き方改革との結びつきがあるのは想像できましたが。


あくまでも私の見解ですが、「働き方改革」イコール「労働時間が減る」「休みをとりやすくする」と言うイメージが広く持たれていると思います。

でもそれだけじゃなくて、今の時代と個々人の都合にそった働き方を許容することで、多くの人が成果を上げやすくすることが最終的な目標だと思います。


それにしても、最近オードリーのCM出演が多いように感じます。

前からの三菱電機のCMにも、春日のものもできました。

春日だけだったTS CUBIC CARDのにも若林が出るようになりましたし、ゲームとか競輪とか…

2008年M-1グランプリからしばらく続いた「オードリーバブル」の頃よりも多いんじゃないかな、と感じます。

好感度タレントとして定着していると言うことでしょう。

ファンとしてはありがたい限りです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

深夜まで働かなくなったテレビマンの一方、深夜にプール深夜にジム深夜にエアロ深夜に受験勉強を全て仕事でする芸人と付き合うスタッフ笑

管理者のみに表示

トラックバック