【あっぱれ】張本勲氏、辛口な表現から入るも、大谷翔平にはかなり期待していると思った理由

いつもは見れれば見る、程度の「サンデーモーニング」のスポーツコーナーですが、昨日2018年4月8日のは楽しみにして見ました。

用事があって見れなくなったら、録画しようとも思ったくらいです。

それは、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、この1週間で投手として初登板で勝利投手となり、一昨日までの3試合で、打者として3試合連続ホームランを放ったことを、日本人メジャーリーガーに辛口な張本勲氏がどう語るか興味があったからです。



張本氏は

「マグレかアメリカの投手の質がおちたのか、まあどちらともだろうけど…

だけど、2試合連続はまぐれではたまにあるけど、3試合連続は珍しいね。」

と辛口な表現から入った張本氏。

ただ、後半は好意的に語っているニュアンスを感じました。

ですが、3試合連続ホームランのことを「すごいね」と言わず、「珍しいね」と表現したところが、キャラに徹しているな、とおかしく思えました。

しかしここからはほぼ褒められていました。


「前足をあげなくなったのがいいね。

その調整力がすごいね。」

から始まりました。

途中

「8番を打っているようじゃまだ駄目」

「一回りしてみないとわからない」

1918年にベーブ・ルースは残した13勝で11本塁打が、最後の2桁勝利と本塁打になるのですが、この件についても、

「その頃は試合数が少なかったからね(この年ルースは95試合の出場)。」

と大谷選手が2桁打ってもルースの記録とは同列に扱えない、と言うネガティブな発言もありましたが…

(番組では触れられていませんでしたが、その頃は本塁打が「野球の華」と言う評価を得ておらず、そんなに重視されていなかったと思いますし、全体的に本塁打の数は少なかったと思います。)


「私は大谷のことを投手として買っているからね」

「大谷は10本は打つでしょう」

「15勝20本以上なら大あっぱれ」

と期待をしている発言をしていました。


結局のところ、張本氏は大谷選手に大きな期待をしている、少なくとも注目していると感じました。

それは、最後に次の登板について、スタッフが、いつになるのかあたふた調べだしたときに、

「明日でしょ」

と張本氏があっさりと言ったことです。

張本氏には、そんなに日本人メジャーリーガーのことを調べて備えているイメージがなかったので、本当は注目しているんだな、と思いました。


張本氏が大谷の活躍を認めなかった、と言う記事がありました。





前者の記事には、それでも

「厳しいけど褒める所は褒めてる」

と捉える人がいたことも書かれていました。

確かに張本氏の入り方はひどかったですけどね。

でも、私は、張本氏は大谷選手のことを買っていると思われ、そのことがとても嬉しく感じられた日曜の朝でした。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック