【アメフト】福岡SUNS、2回戦突破とX3秋季リーグ参戦決定



(動画「【ハイライト】福岡SUNSvs正英ブレイザーズ(2017年5月13日)」)

先々週のグリーンボウルジュニアトーナメントの2回戦。

福岡SUNSは正英ブレイザーズと対戦。

61-0で勝利しました。

そして同日、福岡SUNSの2017年度秋季リーグ戦・X3リーグ加入が正式に承認されました。



私は秋のリーグへの参加はもう決まっているものと誤解していました。

詳細な記事は、朝日新聞にもあります。



「資金やマネジメント面で、リーグ戦を戦い抜けると判断された。」

とのことだそうです。

ありがたいと思います。


ところで、毎回せつないことを書かせてもらって申し訳ないですが…

この記事中に

「仕事などの関係で48人の選手のうち約20人が大阪に来られなかった」

スポーツチームの選手が、仕事の都合で試合に出られない…

同じアメリカンフットボールでも、NFLではあり得ないことです。

と言いますか、我々一般のファンが見ているメジャーなスポーツではほとんど聞かないことだと思います。

日本のアメリカンフットボール選手は、多分ほとんどが仕事を抱えてプレイをしているものと思います。

アメリカンフットボール選手としてだけでは、生活や活動資金がねん出できないからです。

アメリカンフットボールにかかわらず、そう言う境遇のアスリートはまだまだたくさんいると思います。

スポーツでどうしたら勝てるか、それ以外に生活のこと、資金のことでも頭を悩まさなければならないのはとても大変だと思います。

ですから、多くの人が福岡SUNSに限らずこういうアスリートに注目し、できるだけ会場に行って入場料を払って観戦していただければ、グッズを買って応援してくれれば、と願います。

(かくいう私がそれができていないのが残念なのですが…)


さあ、次の試合は

5月28日(日) 16:10~ エクスポフラッシュフィールド

にて

富士ゼロックスJ-stars

との対戦になります。

これまでの対戦相手はX3のチームでしたが、富士ゼロックスJ-starsはX2のチームです。

昨シーズンのX2の秋のリーグ戦では2勝3敗でした。

かなりの苦戦が予想されますが、勝ってくれるものと期待します。

20170521福岡SUNS対正英ブレイザーズ試合前のHUDDLEの画像

(試合前のハドルの模様)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】練習に招待しているオーストラリアU-18代表ジャリッド・デールの動画と不思議

福岡ソフトバンクホークスは、オーストラリアのU-18代表選手、

ジャリッド・デール選手(16)

(Jarryd Dale)

を入団テストを兼ねて練習に参加させているそうです。



先週いっぱいの予定で、20日には練習試合にも出場したそうです。



初打席はスライダーに空振り三振、二打席目はサードゴロだったそうですが、守備は2度無難にこなしたそうです。

ホークスは結果を受け、デール選手と育成契約するかどうか考えるようです。


気になったので、ジャリッド・デール選手のことを調べてみました。

Full-Countの記事には

「昨冬、オーストラリアベースボールリーグのメルボルン・エースズでプレーし、25試合に出場して打率.206、1本塁打。」

とありますが、その詳細はこちらにあります。

「Jarryd Dale Stats, Highlights, Bio | Australian Baseball League Stats」へのリンク

確かに記事のとおりなんですが、68打席で19三振は多すぎで、1四死球は少なすぎで穴が多いように思えます。

西日本新聞の記事では

「関係者によると粗削りながらもセンスがあり」

とありますが、若いことを考慮に入れても、本当かな、と言う疑問を持ちます。

ただしこちらの2016年12月の記事を読みますと、かなり有望株だということが伝わってきます。

「Jarryd Dale right at home at top level」へのリンク

デール選手は2015年のU16ナショナル・チャンピオンシップでMVPを獲得しているそうです。

また、2017年シーズンの新人王も獲得しているようです。

リーグのものかチームのものかは不明ですが。




まあ私は野球に関して素人ですから、ここまでの机上の資料ではデール選手が有望なのかどうかはわかりません。

プロのスカウトが連れてきたんだから、きっと見どころのある選手だと期待します。


最後にデール選手の打撃シーンを映した三つの動画を貼っておきます。



(2015 AJLC Day 4 - Jarryd Dale solo shot:2015/04/06 に公開)



(2016 U16 nationals - Jarryd Dale Grand Slam:2016/02/07 に公開)



(HIGHLIGHT: Jarryd Dale drives in two, R4/G3:2016/12/10 に公開)

2つ面動画は英語の記事中にあった満塁ホームランだと思いますが、イマイチうまく打てた、と言う感じはしません。

しかし最初のと最後のはいい打者になる素質を感じさせます。

特に最新の半年ほど前の3つ目のものは、いい打撃だと思います。


できればフィールディングの動画も見たかったです。

20170521ジャリッドデール選手の画像


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年5月21日】「オードリーのオールナイトニッポン」のことにかえて~番組関するニュースと、昨日の出来事



(今回の放送、春日は休みで、ゲストにCreepy Nuts(R-指定&DJ 松永)が出演するそうです)

2017年5月21日の「オードリーのオールナイトニッポン」のことは書けそうもないので、番組に関することを書いておきます。

1.番組全体のことを振り返って書かれてた記事

こんなニュースがありました。



タイトルだけ見ると誤解を生みそうですが、内容は、「オードリーのオールナイトニッポン」が始まってからこれまでのこと、特にフリートークのネタの作り方の話しで、まじめなものに思えます。

「ANNはホームです」

とありますが、数年前は「空母(航空母艦)」に例えていたように記憶します。

いろんな番組やイベントに出撃しては戻ってくる…

そんなことを言っていたようなことを、ふと思い出しました。


2.ある美容師が興味を持ったこと

私事ですが、昨日散髪に行きました。

いつもそこの美容師さんとはいろいろとお話をさせてもらうのですが、昨日は

「お客さんと話していることから興味を持つことがあります」

と言う話しになりました。

どんなものに興味を持つんだろう、と思って、

「例えばなんですか?」

と尋ねると

「MAJIKさんからは、オードリーのことです。

特にちょっと前からジムに行き始めましたから、春日さんのボディビルのことは興味を持つようになりましたよ。」

と言う話しになりました。

その後、私が見てないオードリーの番組のこととかに話題が移りました。

オードリーのファンを一人増やせて嬉しい出来事でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【野球の歴史】「エースのジョー」こと、城之内邦雄氏のこと


ネットニュースを見ていたら、懐かしい名前を見つけました。

「エースのジョー」こと元讀賣ジャイアンツ投手の

城之内邦雄氏

です。





私は城之内邦雄氏の現役時代を知りませんが、もう30年ほど前に

上前淳一郎『巨人軍 陰のベストナイン』角川文庫、1982年

で読みました。

「悲劇の背番号15」

をあつかった章に書かれていたと思います。

20170520エースのジョーこと城之内邦雄さんの画像


引用した二つの記事には書かれていなかったようですが、ジャイアンツがV9を達成した時の正捕手、森昌彦氏が

「あれほどエースらしい投手はいなかった」

と賛辞したほどの投手だったそうです。

森昌彦氏は、堀内恒夫氏や高橋一三氏、そして全盛期をこえていたかもしれませんが、金田正一氏のボールも受けています。

その3人よりも「エースらしい」投手だったということは、城之内邦雄氏がどれだけすごい投手だったかがわかります。

わずか5年で100勝をあげた数少ない投手でもあります。

しかし、ケガやベンチとの衝突で、その後は眼を見張るような成績は残せませんでした。


過去の映像で見たことがありますが、背番号の「15」がはっきりと打者に対面するぐらいの体を使った独特のフォームは、とても印象的です。


最初の記事の写真を見ますと、いまだに眼光が鋭いのに驚きました。


そして、余談になりますが、誰かに似ているな、誰かに似ているな、と感じました。

調べてみると、自らが大叔父にあたる、歌手の城之内早苗さんが、地井武男さんの親戚だと言うことが、ウィキペディアに載っていました。

そういうことか、と納得しました。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~